おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

成人式

成人式の振袖は購入?レンタル?ママ振?私が感じたメリットとデメリット

投稿日:


成人式の振袖を購入しようか?

いや、レンタルでいいんじゃない?

なんなら、私の振袖を着せちゃう?
(今は「ママ振」というらしい^^;)

私の娘の成人式の振袖を決めるときに、最後まで悩んだのがこの、

「振袖を、買うか、借りるか、私のおさがりにするか?」でした。

どちらも一長一短、メリットもあれば、デメリットもあります。

私は自分の成人式の時は、振袖は親に買ってもらいました。

娘の時は、レンタルにしました。

買った場合、借りた場合両方の経験があるので、私が感じたメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
  

成人式の振袖を「購入」する場合のメリットとデメリット

成人式の振袖を「購入」する場合、呉服店で振袖・帯、帯揚げ、帯締め、をはじめ、長襦袢、足袋など、一式買う事になるとおもいます。

私が親に買ってもらった時代(数十年前。。)は、近所の呉服店で購入し、50万円位だったと記憶しています。。

今、普通の街中の呉服店で買うと、もっと高くなると思いますが、最近では、全国展開しているお店も多く、いろんなお店のダイレクトメールをみると、長襦袢~着物帯、草履、バックなど、一式ついて、30万円位からのセットもあってビックリ!!

安い振袖は、安いなりの、高い振袖には高いなりの理由があります。

(生地の違い、ブランド、中間マージンがついてる…などなど)

ここでは、高級振袖か、リーズナブルな振袖か、は関係なく、振袖を買った場合のメリットデメリットを書いてみようと思います。

【振袖購入のメリット】

・姉妹がいる場合、何度もレンタルするより、1枚買って、姉妹で着たほうがお得。

・友人の結婚式、大学の卒業式など、着る機会が多ければ、お得かも。


【振袖購入のデメリット】

・姉妹の場合、姉と妹の似合う色が違っても、妹は、姉の買った振袖になるので、似合ってなくても着なくてはいけなくなる…

・振袖を買った後、家で保管するときに、和箪笥など、着物を折らないで保管するスペースが必要

・たとえ着ていなくても、年に2回くらいは、着物を出して、着物ハンガーに釣るし、振袖に風を通すなど、メンテナンスが必要。

・振袖を着た後の、クリーニングも自分で出さなければいけません。。

・とにかく、汚さないように、汚さないように。。と気を遣う。

振袖購入の場合は、とにかく振袖のメンテナンスが大変。

親と同居で、メンテナンスをしてもらえるとか、着物が大好き!で、メンテナンスが苦じゃないよ、という方にはおすすめです!

成人式の振袖を「レンタル」する場合のメリットとデメリット

次に、振袖のレンタルのメリットとデメリットを書いてみようと思います

【振袖レンタルした場合のメリット】

・振袖を着終わったら、そのまま、適当にたたんで、お店に持って行くだけでいいので、とにかく楽!

・クリーニング代がいらない!

・雨の日でも、多少汚れても気にならない。

・価格も数万円~数十万円までピンキリなので、自分の予算で振袖を着る事が出来る。

・振袖を着る機会があるときに、その時その時で好きな振袖が着れる

・似合う振袖が違う姉妹の場合、それぞれ、似合う振袖が着れる

【振袖レンタルした場合のデメリット】

スポンサーリンク

・1度、もしくは2度着ただけで、数万円~数十万円と思うと、もったいないと感じる人もいる。
(お金を出しても自分のものにはならないから)

・レンタルなので、新品の綺麗さが無い。(新品レンタルは別)

娘の振袖をレンタルにした私は、振袖のレンタルのデメリットがあまり思い浮かばないくらい、レンタルしてよかったな~と思っています。

振袖姿の前撮り写真も1枚だけでしたが無料で撮ってもらえました。

一式20万円の振袖でしたが、クリーニングも、メンテナンスも、いらず、準備も全てお店でしてくれて、振袖も、美容院まで届けてくれて、
終わったら脱いで、パタパタとたたんで、箱にポイ!といれて、お店に返しに行って、おしまい!!

大学の卒業式の時も、同じ着物なら無料で借りれるし、遠い未来、結婚式の時はウエディング衣装も半額。

20万円を高いと感じるか、安いと感じるか?

私は、安い!と感じました!^^

成人式の振袖を「ママ振」にする場合のメリットとデメリット

私の振袖を着せる「ママ振」も検討はしましたが、私の振袖を出すのも面倒だったので、今回はパスしました。

次女の時に、再度検討するかもしれません。

【振袖を「ママ振」にする場合のメリット】

・購入、レンタルするより、安く振袖を着せてやることができる

【振袖を「ママ振」にする場合のデメリット】

・昔の振袖を出してみると、シミがあったりすると、まずはそこのメンテナンスからしなくてはいけない

・「ママ振」を勧めているお店に、相談に行くと、今風にするために、帯揚げや、帯締め、もしかすると帯も、買いなおすか、レンタルしませんか?という話になり、面倒だった。。

・着た後は、購入と同じで、クリーニング代や、風通しなど、メンテナンスしてやらないといけない。

ちょっとお店に話は聞きに行ったんですが、「ママ振」は、一番金額が読めないうえに、クリーニング代、その後のメンテナンスもしなくてはいけなくなってめんどうだな…という感じがしました。

まとめ

振袖を家で保管しておく場合のメンテナンスが私には一番面倒なことだったので、今回、振袖のレンタルをしてみたことで、レンタルの気軽さ、楽さを存分に感じる事ができました。

レンタル振袖は安っぽく見えるのでは?と心配していましたが、成人式の人ごみの中、よほど着物に詳しい人じゃないない限り、どの子が高い振袖で、どの子が安い振袖なんて、まったくわかりませんでした。

若いと、着ている子自体ががキラッキラしているから、みんなホント綺麗に見えました^^

振袖を決めるには高い、安い、買ったか、借りたかではなく、その子に似合っているかどうか、だとつくづく思いました。

ということで、メンテナンスが全くいらなかったレンタル振袖が私はおすすめです!

楽天などでは、1万円位からレンタルできる振袖もあるので、予算のない方、とりあえず着てみたいという方も、検討してみてはいかがでしょうか?

※通販で借りる場合は、口コミなどの評価は必ずチェックして、高評価のお店を選ぶようにしましょうね。

⇒楽天で「レンタル振袖」をみてみる
↑ 高評価順になっています!

関連の記事
成人式の振袖、いつ決めた?レンタル?購入?まずは美容院の予約!!

スポンサーリンク


-成人式
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

成人式の振袖、いつ決めた?レンタル?購入?まずは美容院の予約!! 

成人式の振袖、もう決めましたか? 昨年、娘が成人式だった我が家。 長女のため、親も、子も、今の成人式の振袖関係の事にうとく、のんびりしすぎて、後悔した事がいっぱい!! スポンサーリンク 振袖はレンタル …