おしえてルーム

悩めるあなたのお悩み解決サイトです。[広告]当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

全国の花火大会

長岡花火大会 新幹線で帰る人へのおすすめ観覧席と混雑回避方法

投稿日:2017年4月15日 更新日:


日本三大花火大会のひとつ、
新潟県の長岡大花火大会が今年も開催されます。

毎年人も車も大混雑する長岡花火大会
例年二日間で100万人前後の人出だそうです。

長岡花火大会の開催は8月ですが、有料観覧席の応募が5月に始まります!

車やバスより、電車、新幹線での移動の方が確実。

こちらでは

1、長岡大花火大会の日程、
2、おすすめの観覧席の応募の詳細、
3、新幹線で帰るときのおすすめの観覧場所

について、調べましたので、ぜひお役立てください!

※こちらの記事はコロナ渦前の情報です。
2022年に大会が再開されますが、変わっている場合もあります。
詳しくは長岡花火公式ホームページでご確認下さい。

スポンサーリンク
  

長岡花火大会の日程

長岡花火大大会は毎年8月2日、3日の2日間。

基本的に雨天決行なんですが、悪天候の場合の順延は未定なので、公式HPでチェックしましょう。

時間は午後7時20分~9時15分 

場所は信濃川の河川敷。JR長岡駅から徒歩30分位のところです。

長岡花火大会は2日間とも違う演出があるので、2日間とも観る方も多いのですが、
3日の方が混雑する時が多いです。

長岡大花火大会の有料席の応募のはいつから?

長岡花火大会は有料観覧席チケットが販売されます。

インターネット販売(抽選)の申込受付・・・例年5月中旬から受付開始
コンビニ販売(先着)・・・例年5月初旬から受付開始

⇒有料席販売・抽選の詳細はこちらをクリックしてください

【インターネット販売(抽選)になる席】

上記が 5月中旬から下旬ごろ(当日消印有効)までインターネットで受付。

6月初旬に抽選。
6月中旬に「当選通知」が到着

※当選通知は当選者のみ通知が来ます。

残席があれば6月中旬にインターネットで販売(先着)
  ※2023年は6/19~6/23
その後公式の再販売があります。(インターネットまたは電話)
  ※2023年は6/26~7/14

スポンサーリンク

2023年の長岡花火大会には無料席はありません。

近くで観覧したい人はチケットの予約が必須です。
※チケット販売もインターネット販売のみです。

事前情報をしっかりチェックしましょう!
⇒チケット販売の詳細はこちら
⇒観覧席情報はこちら

新幹線で帰りたいときのおすすめの席情報

長岡花火をみる時によく聞くのが“右岸”“左岸”

右岸、左岸の違いですが、長岡駅側の土手が右岸になります。

右岸の方が駅から近いため移動が楽です。
帰りは新幹線や、電車で!という方は右岸側の席を確保しましょう。

(車の方はインター側という事で、“左岸”がいいようです。)

さて、右岸席と左岸席、花火の見え方はどう違うのでしょう?

右岸のいい所は、打ち上げ場所が左岸なので、右岸から見ると全体が良く見えるところ。
特に名物のフェニックス花火は全体が綺麗に見えます。

左岸のいい所は、打ち上げ場所がとても近いので、かなり迫力のある花火が見られるところ。

ただし、駅に行くときには橋を渡らないといけないのですが、通行止めになっている時間帯があったり、渡れてもすごく込み合い、すごく時間がかかります。
帰りに駅を使う方は、右岸で観覧をお勧めします!

まとめ

さて、新幹線で帰る場合にもう一つ重要なのが、帰りの時間。

新幹線で帰る場合は、花火の終了まで見ていると、長岡駅までの帰り道が大混雑します。

確実に長岡駅に着くために、そして大きな混雑を避けるためにも、
終了前の21時頃には会場を出て、百連発を振り返り、振り返り見ながら長岡駅まで
歩いていくのがおすすめです。

駅まで順調にいって徒歩20~30分かかります。
駅の入場制限がかかったとして、15分待ちを見込んで…

新幹線、・電車の出発時刻の45分前に会場を出れば間に合うはず!

21時頃に会場を出れば、21時40~50分位には駅に着ける計算です。

もうちょっと、もうちょっと…と会場から出るのをためらっていたら、
あっと言う間に、大混雑に飲み込まれますので要注意!

時間に間に合わないと困るので、花火を振り返りながら見ることにして、早めに会場を出ましょうね^^

長岡花火に行く前に読もう!長岡花火に関する記事をまとめてあります!
⇒長岡花火大会・お役立ち記事一覧

スポンサーリンク


-全国の花火大会
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

江戸川花火大会でデート!おすすめスポット&持ち物と気をつける事は?

毎年8月の第一土曜日に開催される「江戸川花火大会」は、大規模な花火大会の割に、河川敷が広いので、彼女と座ってじっくり花火を見る事の出来る花火大会のひとつですね。 スポンサーリンク 座って見る事が出来る …

仙台七夕花火祭の日程は?場所取り&駐車場&穴場スポット情報も

仙台七夕花火祭は仙台七夕の前夜を開催される花火大会。 仙台西公園周辺一帯を会場に約16,000発もの花火が夏の夜空を彩ります。 シドニー五輪閉会式の世界五大陸花火でアジア代表を務めた、地元仙台の企業「 …

足立の花火の日程と見所!雨天は中止?おすすめの穴場&アクセス情報

スポンサーリンク 都内で毎年最初に行われる花火大会といえば… 「足立の花火」 1時間の短い間に途切れることの無い激しい花火で、観客を魅了します! 雨に降られることも多い「足立の花火」 今年の日程や、見 …

神宮外苑花火大会の日程と混雑情報&おすすめ会場とチケット情報

神宮外苑花火大会は、隅田川花火大会、東京湾大華火祭、と共に、東京三大花火大会の1つと云われています。 スポンサーリンク 2011年からは東日本大震災復興支援として、収益の一部を義捐金として、被災地に送 …

大曲の花火・秋の章!駐車場・交通規制・有料席情報と見どころは?

大曲の花火・秋の章とはどんな花火大会なのでしょう? 人出が80万人ともいわれる夏の「大曲の花火」は有名ですね^^ 開催地の大仙市では四季を通して四回の「大曲花火」を開催しています。 今回は、この中の秋 …