おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

全国のお祭りー夏ー 全国の花火大会

大阪・天神祭の日程とアクセス・楽しみ方!花火が見えるホテル情報も

投稿日:2017年4月24日 更新日:


大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われている、とても大きなお祭りです。

毎年130万人もの人が訪れ、とにかくすごい人!

その大阪・天神祭の日程、屋台・花火の楽しみ方も紹介いたします。

スポンサーリンク
  

大阪・天神祭の日程とアクセス・屋台の情報はここ!

大阪・天神祭は

毎年、7月24日~7月25日の二日間

大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に行われます。

最寄駅:

大阪天満宮神事を見たい時は…
大阪天満宮付近 ⇒ JR東西線の大阪天満宮駅

屋台・ギャルみこしを楽しむなら…
天神橋筋商店街付近 ⇒ JR環状線の天満駅

船渡御・花火・屋台を楽しむなら…⇒ 桜ノ宮駅(船渡御・花火)

お祭りといえば屋台(露天)!屋台情報!

屋台が開いてる時間:
毎年、7月24日はだいたい夕方頃~夜10時過ぎまで開いています。
7月25日はお昼頃~夜11時頃まで開いているところが多いですね。

屋台が多い場所:
天満橋駅周辺 天満橋を北に渡った公園には多くの屋台が毎年出ています。
地元の商店街などの関係者や業者の屋台が数多く出ています。様々な趣向の屋台があり毎年賑わっています。
ギャルみこしなども 屋台が並んでいる天神橋筋商店街付近で観る事ができます。

25日の奉納花火の時は桜宮公園中央広場周辺も、多くの屋台が出て大勢の観客がにぎわいます。

参考:⇒2016大阪天神祭公式HP

「花火大会」ではない天神祭の「奉納花火」の楽しみ方とは?

神様にご覧頂くために本宮の日に打上げるのが「奉納花火」。

大川をはさみ2ヵ所から打上げられる花火は総数3000発位。

花火がスタートする時間は決まっておりませんが、毎年、だいたい夜7時前後スタート。(予定では7時半となっていますが、ぴったりその時間に始まるわけではありません。)

しかも、花火が始まるのが7時過ぎからですが最初の方は数分おきに何発か上がり、ぱらぱらぱらっと打ち上がったらそのあと10分とかの休憩が入ったり…という感じ。

本格的に始まるのは8時過ぎ クライマックスは8時半ごろのことが多いです。

スポンサーリンク

天神祭の花火は「花火大会」ではなく、神様にご覧頂くために本宮の日に打上げる「奉納花火」。

私たちはそれを陪観させていただくという立場になります。

街の真ん中で打ちげるため、花火の高さも低く、河川敷まで出ないと見えないのが難点でしょうか。
その河川敷は毎年すごい混雑のようです。

かといって、ちょっと離れると、ビルや、いろんな障害物に邪魔され、綺麗に花火を見る事が出来る場所は無いようです。

「花火大会」だと思って期待していくと、“あれ????”って感じになるかもしれませんね。

地元の人は天神祭の花火は花火鑑賞を楽しむのではなく、JRでしたら桜ノ宮駅、地下鉄・京阪の天満橋駅から人ごみに紛れながら、歩いて屋台を楽しみ、花火がチラッと見えたら、きれいだね~^^って感じで楽しんでいる方が多いようです。

なお、雨など、荒天のため中止となる場合は、当日、現場での協議により決定されます。

荒天中止は、決定次第、
・JR・地下鉄各駅構内などの各交通機関や
商店街等の各関係場所でのアナウンスや掲示等により告知されます。

天神祭の花火はレストラン・ホテルでの花火鑑賞付プランはいかが?

すごい人ごみ、おまけに鑑賞スポットも少なく、
なかなか花火をじっくり楽しめる場所がない大阪の天神祭。

昼は、神輿などの神事を街中で楽しみ、25日の夜の「奉納花火」は近隣のホテルや、レストランが企画している、「天神祭 花火鑑賞プラン」を予約して、ゆっくり見るのも良いですね。

ただし、あっという間に予約がいっぱいになると思うので、お問い合わせはお早めにどうぞ!
(まだ各お店もプランは出ていませんが、毎年何かしら企画はあると思いますので、まずは、お問い合わせされたらいいかと思います)

・ホテルモントレ ラ・スール大阪「隨縁亭」
  直通電話…06-6944-7480

・ホテルモントレ ラ・スール大阪「エスカーレ」(15F)
  エスカーレ直通電話:06-6944-7481

・帝国ホテル 大阪
  代表電話:(06)-6881-1111

ちなみに…帝国ホテルの宿泊は7/24.25とも、すでに満室でした^^;(4/24現在)
     とにかく、早め、早めにチェックしましょうね!

参考までに、2016年の天神祭の花火鑑賞プランが、天神祭の公式HPに載っていましたのでリンク貼っておきますね。

⇒大阪・天神祭 2016花火鑑賞プランはこちら

まとめ

日本三大祭りのひとつと言われるだけあって、とにかく人の混雑はハンパじゃないようですね。

この人波にもまれて屋台や花火を堪能するのも、お祭りの楽しみのひとつでもありますが、ぜひ、大阪の天神祭、たくさん楽しんできてくださいね

スポンサーリンク


-全国のお祭りー夏ー, 全国の花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギャルじゃない年齢でもOK?天神祭・ギャルみこしの日程・応募詳細

日本三大祭りのひとつ、 大阪の天神祭に華を添えている、「ギャルみこし」。 スポンサーリンク 正式名称は「天神祭女性神輿」。 ん、固い。。。(笑) やっぱり“ギャルみこし”の方がインパクトがあって、大阪 …

祇園祭・山鉾巡業の混雑がすごい!有料観覧席は予約するべき?服装や持ち物も教えます!

毎年7月1日から31日まで1ヶ月かかって行われる京都の祇園祭。 大混雑するのが有名なお祭りですが、 祇園祭先祭り・宵宵山(7/15) 祇園祭先祭り・宵山 (7/16) 祇園祭先祭り・山鉾巡業 (7/1 …

祇園山笠「追い山」の見どころや混雑具合、雨天時と「勢水」対策も教えます!

博多祇園山笠は、毎年7月1日から15日まで行われる行事。 普通のお神輿を担ぐお祭りだと思っているあなた! 見たらビックリしますから! “山笠”(お神輿みたいなもの)をかついで疾走するんですから!! 1 …

モエレ沼花火大会チケット発売してる?当日券はある?浴衣はあり?持ち物は?

北海道の9月の花火大会といえば、「モエレ沼芸術花火」 モエレ沼公園内には無料で見れる場所はなく、入るためにはチケットが必要です。 しかも、「モエレ沼芸術花火」のチケットは当日券の販売はありません! 必 …

土浦花火大会に浴衣の人はいる?寒いときのインナーは?持ち物は?

土浦全国花火競技大会(以下土浦花火大会)は10月の初めに行われる、花火大会です。 鑑賞するだけの通常の花火大会とは違って、全国の花火師さんたちが、腕を競い合う「花火競技大会」。 土浦花火大会当日は競技 …