おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

夏の行事 子供

まんパクは子供連れ、赤ちゃん連れにもやさしい!持ち物と混雑対策

投稿日:


美味しいメニューがずらっと並ぶ「まんパク」

実は赤ちゃん、子供連れにもやさしいイベントなんです

ぜひ、赤ちゃん、子供さん連れで、「まんパク」を楽しみましょう

2017年の日程
2017年5月18日(木)~6月5日(月)計19日間

営業時間:10:30~21:00

※最終日6月5日のみ18:00まで

⇒まんパク公式ホームページ

スポンサーリンク
  

まんパクは子供連れ、赤ちゃん連れにもやさしい

【授乳室・おむつ交換室】

お出かけ先で困るのが、授乳やおむつ換え。

でも、「安心してください!」テントが用意されていて、その中で授乳もおむつ交換もできるようになっています。

ありがたいですね~^^

土日は人が多くなる分多少混雑はしますが、待っていれば順番に使えます。

※ただ、テントの中は締め切られているので、とても暑いです。。(扇風機はありましたが…^^;)

まんパクは、おおきなテントがたくさんあり、子供連れにはうれしいかぎりです。

ベビーカーの使用はOKです。

ただ、会場が芝生なので、押しにくそうでしたが天^^;

キッズスペースとは?

平日:一日遊び放題400円
土日:50分400円

2歳から小学生の子供に入場料がかかります。

付き添いの大人は無料です。
他にも、ボールプールやまんパクのキふわふわ遊具など、楽しい遊び場がたくさんありますもちろん、昭和記念公園で遊ぶこともできますよね。

まんパクは再入場も可能!

スポンサーリンク

まんパク&国営昭和記念公園特別セット券を使い、おなか一杯になったら、一度まんパクから出て、国営昭和記念公園の広い芝生で走り回ってお腹を減らして、また再入場してデザート!っていうのもアリですね。

あったら便利!まんパクへ行くときの持ち物

・飲み物

熱中症対策に多めに持って行きましょう。

※まんパクは、飲み物の持ち込みはOKです。
イベント内の飲み物は高いので、大人の分ももっていきましょう。

・レジャーシート

シートをひく場所はたくさんあるのですが、土日はすっごい混雑しますので、先にシートで場所取りしましょう。

・ウェットティッシュ

・スーパーの袋(ゴミ袋にもなるし、袋代わりにも)

・日焼け止め、帽子

まんパクの混雑は?

土日の混雑ぶりは相当なようです。
近年テレビで取り上げられるようになってから、ますます人が多いようです。

平日もなぜか、混んでますが、入場には時間がかかりません。
が、入場チケットを会場で買うと2度並ぶことになって大変です。

まずは、当日券をセブンイレブンで購入しておきましょう。

もちろん、土日もセブンイレブンで当日券を買っておくと入場がスムーズです。

最初から入場口に並んでダッシュでお目当てのお店に並びましょう。

そして、まんパクでは、電子マネーが利用できます。

スイカやパスモはもちろん、ナナコやワオンなど使える電子マネーがたくさんあります。

電子マネーはお会計もスムーズです。
ただし、会場ではチャージできません、コンビニなどで、事前のチャージをしてきてくださいね。

まとめ

まんパクは子供づれにもとってもやさしいイベントですね。

ちょっと混雑はするかもしれませんが、再入場制度などをうまく利用して、子供も大人も思いっきりおいしく、たのしい思い出を作ってきてくださいね。

スポンサーリンク


-夏の行事, 子供
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超穴場!岐阜ファミリーパークの開園時間と休園日・混雑・駐車場情報

子供が思いっきり体を使って遊べて、しかも、お金もあまりかからない、そんな“超”穴場スポットがこちら!! 【岐阜ファミリーパーク】 スポンサーリンク ネーミングは、平凡ですが(^^;)、行ってみると、と …

お食い初めは本当に食べさせるの?食べさせる順番や残った料理・歯固め石はどうするの?

「お食い初め(おくいぞめ)」とは、生後100日~120日目頃にする行事。 産まれてきた子どもが一生食べ物に困らないことを願ってする行事です。 スポンサーリンク お食い初めは食べ物に困らないように…とい …

赤ちゃんの鼻づまりのホームケア。口で吸う?ひどいときは耳鼻科?小児科?

赤ちゃんの鼻水・鼻づまりは、意外と長引くことが多いですよね。。 我が家の子供達も大変でした…^^; 鼻水が続くと副鼻腔炎や中耳炎、気管支喘息などの病気へとつながります。 何よりも、苦しそうな赤ちゃんを …

アートアクアリウム日本橋は子連れでも楽しめる?滞在時間や待ち時間は?

金魚がたくさん泳いでいるアートアクアリウム。 今年も日本橋で開催中です。 毎年、大混雑するほどの人気のイベント。 金魚がたくさんいるから、子どもにも見せてあげたら喜ぶかな~。。 でも、ちょっと演出が大 …

甘酒をひな祭りに子供と飲もう!米麹で簡単に作る方法とその効能は?

ひな祭りといえば“ひなあられ”と“甘酒”! 私、甘酒って、アルコールの入っているお酒だと思っていたんですが、 「うちの子、甘酒大好きよ」っていうママ友さんがいまして… 「えっ?甘酒って子供でも飲めるの …