おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

ひな祭り 料理 生活

はまぐりの砂出しの方法・口が開かない時は?死んでる?ぬるぬるは食べれる?

投稿日:


蛤(はまぐり)の砂出し、ちゃんとできていますか~?

蛤(はまぐり)といえば、ひな祭りや、おめでたい席でのお吸い物から、冬は鍋料理、夏はバーベキューなど、食べていないようで意外に食べる機会は多いもの。

大きな丸みをおびた蛤は、しじみや、あさりに比べて、貝の粒も大きく、食べごたえもあり、わたしも大好きです。

大きく、貝の旨みをほお張れるからこそ、食べた時に、砂をかんでいて、「ジャリッ…」っていうのは本当に避けたいものです。

こちらでは、蛤(はまぐり)の砂出し(砂抜き)の時に、失敗してる?と思う場面や、

もしかして、このはまぐり死んでる?それとも生きてる?の判断の方法、

蛤がぬるぬるしているのは?

などの疑問や、砂抜きのちょっとしたコツなどをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
  

はまぐりの砂抜きの方法・口が開かないのは失敗?

まず、基本的なハマグリの砂抜き(砂出し)の方法から。

海水と同じ3%の塩水を作ります。

1カップのお水に小さじ1の塩、位と覚えておきましょう。

あさりをざるに入れてから塩水に浸す。(吹いた砂を再度すわせないため)

浸す水は多すぎるとぴゅーっと吹きません。
あさりがちょっと顔を出すくらいひたひたにしましょう。

新聞などをかぶせ暗く、静かにしておきます。
冷蔵庫には入れないで、室温で3時間以上置きましょう。

(暑~い夏などは、冷蔵庫に入れましょう。私は冷蔵庫に入れてすることもありますがちゃんと砂出ししてくれますよ!)

※夏などに潮干狩りの後に砂だしするときは、潮干狩りの時に帰りにペットボトルに海水をもって帰ってきましょう。

その海水で水で砂出しをすると間違いないです!

なかなか口が開かず、あれ?砂出し失敗しちゃった?っていうときは、もう一度ポイントをチェックして、再チャレンジしてみましょう!

まず、私が貝の砂出しがなかなかうまくいかなかった原因は、水の量が多すぎだったことでした。

貝も息ができるくらいに、本当にひたひたに塩水を入れてやると、すぐに、プクプク…と泡を出す貝があらわれ、しばらくすると、本当に、ピューッ!と水を吹きます。

スポンサーリンク

見ていると本当にかわいいというか、面白い(笑)

ハマグリなどの大きい貝の砂出しを見た後、しじみの小さい貝の塩出しをした時のあの小さな「ピュッ!」っていうのを見ると本とに何とも言えず、愛おしささえ感じるくらい可愛いです(笑)

ぜひ、観察してみてください!

あとは、塩分濃度です。

濃すぎても、薄すぎても貝は砂出ししてくれません。

もう一度、塩の量をしっかり量ってやり直してみましょう。

さいごは、静かなところだったか?っていう事。

刺激を与えたり、明るすぎると、ハマグリは動きません。。

どの貝にもいえる事ですが、静かで、薄暗くしてやるとおもしろいように、「ぴゅーっ」って水を噴きますよ。

このはまぐり死んでる?食べれる?判断方法は?

ハマグリの塩抜きをしていても、ビローンと白いベロが出っ放しになったり、

加熱しても口が開かない…なんてときは、、あれ?これもしかしてこのハマグリ死んでる?って思っちゃいますよね^^;

このハマグリが死んでいるか?生きているか(食べれるか)?の判断のポイントをお伝えします。

まず、

・ハマグリの口が開きっぱなしのものは死んでいます⇒食べない!

・白いべローンとしたもの(出水管、入水管)がのびたまま引っ込まない。
 ⇒この場合は、砂出しの塩水の塩分が薄いときにもこの現象はおこるので、この場合は、においがせず、加熱して貝が開けば食べれます。

・臭いにおいがする⇒死んでいます。食べてはいけません!!

貝にあたると本当に大変なので、へんな臭いがしていたら絶対に食べないようにしてくださいね!

夏場などは、すぐに悪くなりますので、なるべく早く冷蔵庫にいれるなどするように気をつけましょう!

はまぐりからぬるぬるの粘液が…食べれるの?

ハマグリを食べようとすると、ぬるぬるのねば~ってしているときありませんか?

思わず、腐ってる?って思いがちですが、ハマグリは、結構粘液が多い貝らしく、ぬるぬるしていることもあるようです。

においが腐敗臭でなければ、大丈夫!食べれます。

砂出しをしっかりしておけば、一緒に、粘液も出してくれることがあるので、砂出し、しっかりしておきましょう!

まとめ

ひな祭り、BBQ、お食い初め…大事な場面によく登場するはまぐり。

大きなハマグリをパクってほお張った時に、「ジャリ!…」ってならず、

美味しく美味しくいただけて、素敵な思い出が増えますように♪

スポンサーリンク


-ひな祭り, 料理, 生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

柚子ジャムが苦い!失敗したジャムの食べ方は?日持ちはどれくらい?

たくさん柚子をいただいたので初めて柚子ジャムを作ったら… スポンサーリンク “苦い!!。。。。” え~!柚子ジャムってこんなに苦いの?失敗した?(≧σ≦) 皮も入っているから多少苦いのは想像していたん …

淡竹(破竹)はアク抜き不要?茹で方や皮の剥き方は?メンマ作ってみました!

お隣さんから、細長い、タケノコをいただきました。。。 スポンサーリンク 長さ30cmぐらいの細長いタケノコ。。 でも。。。 細筍(すす筍ともいいます)にしては大きすぎる、いや、長すぎる筍。。。 竹にな …

おせち 黒豆 鉄くぎや重曹が無いときは?賞味期限や保存方法は?

おせち料理の黒豆、買ってますか?作っていますか? 錆びたくぎ?そんなもの無い! 重曹?ない!このためだけに買う? おせちの黒豆って、もっと簡単にできないの? ….。^^; 私、実家は市販の …

わらびのあく抜きの重曹は掃除用でも大丈夫?失敗なし!焼灰でもOK

スポンサーリンク わらびをもらったけれど、たしかわらびって、灰汁(アク)抜きが必要だったはず… そんな方も多いはず…! わらびのゆで方、灰汁抜きの方法を山菜の達人の実家の母に聞いたり、 調べたり、私も …

大根の葉の使い方・よごしを作ろう!少量の時は?下処理の方法は?

大根に葉っぱが付いていたけど…どうやって食べるの? 大根の葉っぱの使い方… 色々ありますよ~!! 富山では、“よごし”っていう、郷土料理を作ります。 他にも、天ぷら(かき揚げ)、みそ汁の具、漬け物… …