おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

料理

ウドの皮むき方、毛はどうするの?茎・皮・葉の簡単でおいしい食べ方

投稿日:


ウドは、チョットくせのある味と香りがおいしい山菜です。

下処理もわらびなどの山菜に比べてとっても楽ちん♪

そして、何より、茎はもちろん、皮や葉も、とってもおいしく、しかも簡単に作れる食べ方も豊富です!

ぜひ、ウドのレシピ、挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク
  

ウドの皮むき方、毛はどうするの?

まず、大きなウドは、茎の部分が固い場合が多いです。

太すぎたり、ちょっと硬い場合は、2~3センチ長さに切ってから、周りをちょっと厚めに皮をむきます、

母曰く、チョット内側に、層になっているところに爪をあてて、キュ!と力を入れるとその層のところでくるん!と皮がむける、そうです。

でも、私はうまくいった試しがないので、いつも包丁で剥いています…^^;

新鮮で茎が柔らかい場合は下の方をちょっとつまんで皮をピ~っと剥きましょう。

こんな感じ↓

山で採ってきた新鮮なウドや、あまり太くないウドはやわらかいことも多くきんぴらや、てんぷらなどの場合は、あえて皮は剥かないこともあります。

皮をむかない場合、毛は、さっと洗うくらいで調理することの方が多いのですが、気になるときは、ほうちょうの背で、こそげとっています。

皮を剥いたら、さっと酢水につけましょう!とよくレシピ本には書いてありますが、

私は酢物のとき意外は、酢水にもつけないでそのまま調理します

美味しくて簡単なウドの茎の食べ方

私は山菜採りが趣味の母からウドを毎年もらうのですが、手の込んだ料理は出来ないので、本当に簡単でシンプルな食べ方ばかりなのですが紹介しますね。

まず、ウドといえば、「くき」。

ちょっとクセのある風味で、好き嫌いの分かれるウド。

この茎を使ったおいしくて、簡単な食べ方をご紹介します。

【ウドの味噌漬け】

ウドの皮をむき、2~3センチのぶつ切り。

太すぎるものは半分に切ってもいいです。

あとは、生のまま、家庭で使っている“味噌”をビニール袋に入れ、その中にウドをいれて、からめ、冷蔵庫で半日置くだけ。

白いご飯にピッタリ!歯ごたえはポリポリって感じです。

ほんとにご飯がすすみます!

【ウドの酢もの】

ウドは、皮をむき、3センチくらいに切り、縦に薄くスライスして、酢水につけて、アクを抜きます。

あとは、普通に酢の物を作るときと同じように調味酢を作り和えます。

戻したワカメを添えてもおいしいですね。

子供でも食べれる、ウドのくせが和らぐ食べ方は

【ウドのきんぴら】

ウドは皮をむき、3センチくらいの長さに切り、ちょっと厚めにスライスします。

フライパンにサラダ油をひき、スライスしたウドを入れ、炒めます。

シナッとなったら、砂糖、醤油、(必要ならば、ほんの少し化学調味料をいれてもいい)などで、きんぴら風に味付け。

最後に、お好みでごま油をちょっと垂らしてもおいしいです。

スポンサーリンク

このウドのきんぴらは、みそ漬けや、酢もののウドは、苦くて食べれないうちの小学生の子供でも、美味しいといって食べてくれます。

火を通すのと、ちょっと濃いめの味付けで、くせのある風味がやわらぐんでしょうね。

ウドの皮や葉の簡単でおいしい食べ方

次に、思わず、捨ててしまいそうになるウドの葉と、皮の食べ方です。

実は、わたしも、家族も、ウドは茎の方より、葉や皮の方が好きです!

特に、ウドの葉っぱをもらうと、“やった~!!”って感じです(笑)

よく、タラの芽の天ぷらと似ているといわれます。

タラの芽はくせがなく食べやすい。ウドは、ちょっとくせがありますが、ウド好きにとっては、このクセがたまらないので、私は、タラの芽のてんぷらより、ウドの葉の天ぷらの方が好きです!

では、我が家の一押しのウドの葉の食べ方

【ウドの葉の天ぷら】

ウドは葉の部分からつながっている細い茎のところで切り、サッと洗ってゴミ、汚れを取って、水分を切っておく。

卵と水、小麦粉で、若干ゆるめに天ぷらの衣を作ります。

ゆるめのほうが、衣があまりつかず、食べた時にうどの風味が楽しめます。

食べるときは、断然、塩がおすすめ!

天つゆでもいいのですが、塩のほうが、やめられない、とまらない状態になります^^;

【ウドの葉のよごし】

“よごし”ってご存知ですが?

簡単にいえば、みそ炒め。

ウドの葉を、サッと茹で、太い千切り、もしくはあらみじんに切ります。

フライパンに、味噌、砂糖、ちょっぴり酒を入れ、火にかけ混ぜ、香りを出します。

よく絞ったウドの葉を入れ、さらに炒めて出来上がり!

味付けの分量は、本当にお好みで。

甘いのが好きなら、砂糖を多め。

甘みをおさえたければ、砂糖を少なくする。

味見しながら、砂糖を足して行ってもいいです。

【ウドの皮のきんぴら】

はじめに紹介した、やわらかいウドの皮の剥き方で剥いた皮は、薄くて、私は捨ててしまっています。
(もちろん、2~3センチながさに切ってきんぴらにしてもいいです)

ただ、太いウドをいただいた時は、皮を厚めに剥くので、その皮を千切りにして、砂糖と醤油できんぴら風味にしてたべます。

もちろん、皮だけではなくて、茎も一緒にきんぴらにしてももちろん、おいしいです。

まとめ

意外と捨てるところがないウド。

ウドのおいしさがわかるのは、やっぱり大人になってからでしょうか^^

シンプルで、簡単な食べ方ほど、ウドのおいしさ、風味が味わえるような気がします。

余すところなく、美味しく、山の幸をいただきましょうね

スポンサーリンク


-料理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おせち 黒豆 鉄くぎや重曹が無いときは?賞味期限や保存方法は?

おせち料理の黒豆、買ってますか?作っていますか? 錆びたくぎ?そんなもの無い! 重曹?ない!このためだけに買う? おせちの黒豆って、もっと簡単にできないの? ….。^^; 私、実家は市販の …

栗の鬼皮を圧力鍋でむいたら茹ですぎた…栗ごはんを茹で栗で作ってみた

立派な栗をたくさんいただきました! やっぱり、まずは、栗ごはんでしょ^^ ってことで、今回も栗の皮むきを圧力鍋でしました! そしたら… なんと、栗の鬼皮を剥くのに失敗… 失敗というか、栗をゆですぎてし …

きゅうりがヌメヌメ…腐ってる?日持ちする保存法と大量消費するレシピ

きゅうりを大量にもらったり、スーパーできゅうりの大袋を買ってきて、冷蔵庫に入れておいたら、食べきる前に、キュウリがヌメヌメになってることありませんか? スポンサーリンク 腐ってる?でも、洗ったら食べれ …

そら豆の皮は食べる?むく?栄養はあるの?皮ごと食べる簡単レシピ!

スポンサーリンク きれいなヒスイ色が初夏を感じさせる“そら豆” サヤが天に向かって伸びるように生えるので“空豆”、 またサヤがカイコの形に似ていることから“蚕豆”とも書きますね^^ さて、そら豆の、鞘 …

蟹を食べた時の手の臭いの取り方と蟹鍋後の部屋の臭いと殻の消臭の方法

蟹の美味しい季節になりました^^ が、蟹を食べるときに気になるのが、“蟹のにおい” 手についた蟹のにおいはなかなか取れないし… 蟹鍋した後の部屋の蟹くさいにおいもとれないし… 美味しい思いをした後に待 …