おしえてルーム

このサイトでは、みなさんの、知りたい!聞きたい!ことをお伝えしていきます。

料理

カリフラワーの茎や内側が紫に!食べれる?腐ってる?紫カリフラワーって?

投稿日:

家のカリフラワーがなんだか紫色っぽくなったような…^^;

色的に薄紫で毒々しい感じが…(汗)

腐ったんかな?食べても大丈夫なんかな?

とりあえず調べてみたら、ビックリなものまで見つけちゃったので紹介しますね♪

スポンサーリンク
  

カリフラワーの茎や内側が紫に!食べれる?

カリフラワーって真っ白なイメージですよね?

それなのに、なんだか薄紫っぽく変色しているものが…

やわらかくなってるわけでもない。

調べてみると紫色に変色するのは冷気に触れると変色することがあるようです。

冷気にふれて、アントシアニンと呼ばれる色素が出るんだそうです。

ではこのアントシアニンは体に害はあるのでしょうか?

答えはNO!

この紫色は“ナス”や“ブルーベリー”の紫色と同じ色素なので体に害はないので食べても大丈夫なんです。

実は冷気にあたって紫に色づいたカリフラワーは、

茹でるとアントシアニンが溶け出すので真っ白なカリフラワーにゆであがります♪

チョット毒々しいですが、捨てないでくださいね(笑)

カリフラワーが変色!腐ってる?

カリフラワーが紫に変色した場合は腐っているわけではないのは分かりましたね^^

では、カリフラワーのどのような変色は腐っている、痛んでいる状態なのでしょうか?

先ず、黄色というか、黄ばんできた感じの変色は新鮮ではありません。

ましてやペタペタと柔らかくなっているものは傷んでいるので捨てましょう!

あとカリフラワーに黒い点々がついてることがあります。

これも、ちょっと日がたっている証拠です。

なので早めに茹でて食べてしまいましょう!

私は黒い部分は薄くそいで切り落としています。

新鮮なカリフラワーは、つぼみの部分が真っ白で実がしまっています!

この記事も参考にしてみてくださいね↓
⇒カリフラワーがぬるぬる・臭いのは腐ってる?黒い点々は?

スポンサーリンク

紫カリフラワーっていうのも売ってた!

さて、先ほど、カリフラワーが紫がかって毒々しい…なんて書きましたが、

なんと、「紫カリフラワー」というものがありました(驚)

この紫カリフラワーは、ゆででも白くならずに紫のままです♪

スーパーでは見たことないないのですが楽天に売ってました!

ロマネスコっていうこんなおもしろいカリフラワーも発見!

こんなカラフルなカリフラワーがあるとサラダの彩にもなって食卓もカラフルになりますよね

まとめ

薄紫色に変色したカリフラワーは全く問題なく食べれますのでおいしくいただいてくださいね。

ただ、他の色に変色した場合は傷んでいることが多いので

においをかいだり、さわってみたりして腐っていないかしっかり確認するようにしましょうね!

関連記事
⇒カリフラワーの保存方法は冷蔵?常温?冷凍できる?日持ちはどれくらい?
⇒カリフラワーの洗い方&ゆで方!虫がいても食べれる?保存方法は?
⇒カリフラワーって栄養あるの?

スポンサーリンク


-料理
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

もやしは洗う?ひげ根は取る?酸っぱいにおいは腐ってる?食べれる?

我が家では“困った時のもやし!”っていうくらい もやしは常備していて、一品足りないな…って思ったらサッと、ゆでたり炒めたりしています。 先日、一人暮らしの娘からもやしの素朴な疑問を聞かれたので、 我が …

おせち 黒豆 鉄くぎや重曹が無いときは?賞味期限や保存方法は?

おせち料理の黒豆、買ってますか?作っていますか? 錆びたくぎ?そんなもの無い! 重曹?ない!このためだけに買う? おせちの黒豆って、もっと簡単にできないの? ….。^^; 私、実家は市販の …

柚子ジャムが苦い!失敗したジャムの食べ方は?日持ちはどれくらい?

たくさん柚子をいただいたので初めて柚子ジャムを作ったら… スポンサーリンク “苦い!!。。。。” え~!柚子ジャムってこんなに苦いの?失敗した?(≧σ≦) 皮も入っているから多少苦いのは想像していたん …

大根の葉の使い方・よごしを作ろう!少量の時は?下処理の方法は?

大根に葉っぱが付いていたけど…どうやって食べるの? 大根の葉っぱの使い方… 色々ありますよ~!! 富山では、“よごし”っていう、郷土料理を作ります。 他にも、天ぷら(かき揚げ)、みそ汁の具、漬け物… …

ウドの皮むき方、毛はどうするの?茎・皮・葉の簡単でおいしい食べ方

ウドは、チョットくせのある味と香りがおいしい山菜です。 スポンサーリンク 下処理もわらびなどの山菜に比べてとっても楽ちん♪ そして、何より、茎はもちろん、皮や葉も、とってもおいしく、しかも簡単に作れる …